イケコ:

〜絵と猫と旅と色色〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旅レポ☆鞆の浦 編

私は、「田口ランディ」という作家が好きです。
特に、旅行記やノンフィクション・エッセイを愛読しています。
そのランディさん講演会が、鞆の浦(広島)であるので行ってきました*



あ!その前に必ず行きたかった場所へ向かう。
ランディさんが広島について書いてる本に、よく出てくる場所の1つ
広島駅新幹線口でて、すぐ目の前にある二葉山のイワガミへ。。。

赤い鳥居がつづく森の中を登る。
ドングリが地面にいっぱい落ちてて美しい森!
いたるところに祠があり、神聖な場所なんだね。
誰もいないシンとした森の中はゾクゾクする。
そして心もスウーっとしてくるなあ。。。。
登りきると巨大なイワクラがあります。
いっきに空気感も変わり、良い氣が流れてる場所だなと感じました。



その後、ヲルガン座でタテタカコさんのLIVEへ。
IMG_1570_convert_20130610025851.jpg
「半分スタッフ半分観客」として少し観させてもらいました。
彼女の歌声は直に心に響きますね!!
バス扉で起こる親子の情景をみて、タテさんが作った歌から、
涙が止まらんくなってしまいました。。。
すごくいいライブで最高です*



さて 翌日、鞆の浦へGo!!
福山駅からバスで30分で行ける 古き良き港町。
IMG_1579_convert_20130610030018.jpg

IMG_1577_convert_20130610025948.jpg

IMG_1576_convert_20130610025916.jpg

IMG_1581_convert_20130610030111.jpg

IMG_1586_convert_20130610030224.jpg

IMG_1584_convert_20130610030144.jpg

IMG_1587_convert_20130610030253.jpg
↓!!!!?
IMG_1591_convert_20130610030359.jpg



心から行きたかった場所★鞆の津ミュージアムへ!!
IMG_1589_convert_20130610030324.jpg
大好きな※アール・ブリュットの美術館です。
以前は、滋賀県のNO-MA美術館へもよく行ってました。
こんな近くに素晴らしい美術館が出来たのでとっても嬉しいな。。

鞆の津ミュージアムは昔の倉をそのままに残した建物で居心地良い*
天窓から太陽光キラキラ、土壁には当時の人が書いた文字も残っている。

(※アール・ブリュットとは、美術の専門的教育を受けてない人が、
色色な決まりや人の目に左右されることなく、
本能のまま自由に作りだしている 「生きてる芸術」です)

今回の展示は「極限芸術:死刑囚の表現」
200点を超える死刑囚の絵画が展示されていました。

毒物カレー事件の林眞須美死刑囚や、オウム心理教の死刑囚たちの絵がずらり。。。
思っていたよりも明るい色使いで、中には楽しい絵もあり、、
ハッとするくらい素敵な作品とも出会いました。

仏さま、食べ物、母親、子供、故郷の風景、花、動物などのモチーフが多かった気がします。
中には死刑制度のことや、想いを文字や苦しみをストレートに表現してる作品も。。

優しい温かい作品の下にある『名前「●年●月●日死刑確定」「●年●月●日死刑執行」』
のキャプションを見ると 心がずんとする。。。



時間になったので、鞆の津ミュージアムすぐ近くの鞆こども園に向かう。
田口ランディさんの講演会へ☆
多くの人が集まってて席でしばらく待つ。
↓こんなデザインのスリッパもあるんだなあ。。。
IMG_1600_convert_20130610030524.jpg

田口ランディさんは笑顔が素敵でとっても明るい女性です*
最初の1時間は「死刑囚からの手紙」朗読。
残りの1時間はランディさんの講演。

地下鉄サリン事件の林泰男死刑囚と交流支援を6年間続けてるなか、
やりとりした手紙の内容を一部 朗読してくれます。

心地いいギターの生演奏をBGMに始まる。

死刑囚の生の声、拘置所の生活、何回も書いては違和感を感じてしまう遺書など。。。

とんでもない事件を起こした人だけど、、
すべてに感謝する気持ち、遺族に対しての想い償い、過去の自分を反省していて
とっても人間らしい愛情いっぱいでユーモアのある普通の人だなと思った。

林死刑囚はむかし、世界中を旅し 色色なものをみて体験してきたらしい
そして帰国後、オウム心理教と出会ってしまい この様な運命になってしまう。。。
ランディさん曰く、
彼を知るものはすべて彼を悪くいう人はいないくらい人望のあつい人間。

洗脳って本当恐ろしい。と思う。
今、ふつうに生活してる人でもどうなるか分からない。。。

死刑囚は「死」をもって罪を償うのでずっと拘置所で死刑を待つ。
他の囚人は、刑期満了するまで作業して働き償う。

死刑囚になると交流できる人間5人までの狭い世界。
みんなから見放されて1人だけの人もいるらしい。。。

死刑制度には賛否両論ありますが、難しすぎる問題です
死刑制度がある国もない国もある。。。


そしてランディさん講演が始まる。
「生きること、それは自分を表現すること」

彼女の作品にもよく出てくる家族や、生きてきて感じた出来事。
彼女のターニングポイントになった、兄の強烈な死。。。


全体的に死刑・つらいことなど、難しい重いテーマでしたが、、
ランディさんは、あははって笑いながら大きな身振り手振りで
明るく可愛い笑顔でずっと話してくれて、
とってもとっても楽しい講演会でした♪


だれだって生きていくと、心の中は良い事だけじゃないと思う。
でもみんなで笑って過ごしたい。
1回の人生だから楽しい方がいいにきまってる!!!


今回、美しい鞆の浦に行くことが出来て、とても良かったです*
そして
まだ解決してない鞆の浦の景観問題も 深く知りたいと思いました。。。



(旅レポ☆尾道編へつづく。。。。)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。